TST基本編 4・ホールマネージャー制御関連

詳細・目的

小グループ内での順番を把握し、TST該当台の立ち位置を確認。

★シマ内のペア台

図を元に解説してます。

関連台の把握

3で解説した事を忘れずに!

★客寄せ台です

この範囲で小さな当りが繰り返されます。単発当たり→通常→玉が無くなる或いは追い銭した後単発当たり。この繰り返しが殆どです。

「ラウンド終了したらヤメ」様子見で打つのは良いと思います。客寄せ目的の台が多いので2~3時間の実戦すると結果として時間消費しただけ、最悪マイナスになってしまいますので希望的観測は時短、ST終了後上皿消化までにしておきます。

ここにTST台があれば話は別です。

TST台は連チャンします。すると周辺の人は諦めて撤収します。新しい人が打ちに来ます。TST台は連チャン続くのですぐに撤収します。しまいには周辺ひとりだけ打ってる状態になる事が多いです。

色々な台選び方法、データ読み、末尾番号等々連チャンしたりしなかったり色々なご経験されてると察します。

そんな中、大連チャンした事ありますよね?それがTST台です。本編ではそれを具体化して「ズバリ解説」です。

いつも何気なく座って大連チャンしてる方は「天才」(笑)

お読み頂き有難うございます!

今日からパチプロ

TSTトップページへ戻る↓
勝てるパチンコ 今すぐ当る台選びTST


このページを閉じる
閉じる


それでも不安な方へ↓
今の気持ちを教えて下さい