パチンコファッション

暑さ、寒さと衛生管理

最終更新日2020年06月29日

パチンコへ行く時の服装、どうしてますか?

繁華街の場合

禁煙化で服に匂いが染みついたりしなくなったのでそのまんまの恰好が殆ど。マスク忘れると入れてもらえない(買わされる)から必須。

郊外の場合

ジャージとか楽な格好で行く。現場が早く終わると作業着のままで行く事もある。マスクは綺麗なものを付ける。


繁華街と郊外では意識が異なってます。繁華街は駅近、買い物帰り、行く途中に知り合いに会ったりする事もあるのでラフな格好では違和感があります。郊外のホールへ行く時は殆ど車なので楽な服装が良いのでしょう。また、ちょっとしたファッションで気分転換になります。リフレッシュ効果抜群です。

マスク|肌に優しい夏のマスク

着物屋さんが作った日本製の繰り返し使える洗える正絹マスク

マスクは既に生活必需品となってます。目的は飛沫を飛ばさない事にあります。夏はマスク着用で「暑い」「息苦しい」等不快感指数がどうしても上がります。敏感肌の場合ケアも必須です。夏を快適に過ごす為にどんなマスクが良いのでしょう?

 

流行りの冷感マスクを調査してみた所、ものによって当たりハズレがあり微妙です。通気性の良いシルク(絹)素材を使ったマスクは吸湿性があり、余分な水分をすぐに放湿します。また、繊維間に沢山の細やかな気泡があり気泡の断熱効果によりさわやかです。シルクは人間の肌と同じタンパク質で構成されている為、第二の肌とも言われてます。なめらかな肌触りで人間の肌と相性が良いとの事です。良いもの一品!大切な人へのプレゼントとしてもお洒落ですね~

 

京都絹100%肌に優しい¥1,980-はコチラをクリック↓

夏のホール |寒い!

最近は寒いと感じる事減りましたがどんな立派なホールでもエアコンの配置によっては寒いエリアがあります。冷房にあたるという事は体を冷やしているので長時間実践すると体調崩しがちです。外と室内の温度差で体はダメージを受けます。

実践中、温かい飲み物等で体をいたわる事が大事で、なるべく冷気にあたらない様にする 羽織的なものを着用すると良いですね。

夏の日差しと液晶|目の休む暇なし

太陽の紫外線、電気機器から発せられるブルーライト。長時間晒されると目が疲れます。紫外線は目が痛んだり充血したり視界がゆがんできたりします。ブルーライトは角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達する光のことです。強いエネルギーを持ってます。パチンコ台の液晶、スマホ、パソコンからも発せられてます。実は太陽光線にも含まれており朝浴びると体内時計が整い、夜、浴びると寝つきが悪くなったり冴えてしまい興奮状態になる様です。体は疲れてるけど寝付けない。こんな状態になる様です。寝る2時間前にはパチンコ、パソコン、スマホはOFFにしたいです。

 

パチンコ愛好家にとって、紫外線(UV)とブルーライトカットのサングラスが重宝します。

スポンサードサーチ

勝つ為のジンクス

パチンコ行く前、打つ前に勝つ為のルーティン、何か行ってますか?

黒字になる様に黒い文字の入ったシャツを着る、洗車してから行く、手を洗ってからホール徘徊する等ネットに出てるルーティンだけでも色々あります。気持ちよく実践する為の気持ちを行動に現す行為ですね。行く前にあやを付けられると良い事ないとか、ホールの前の信号で赤で停止を余儀なくされたら負ける・・・等々自分の為のジンクスが多いですね。

 


味方を沢山作る

例えば家族またパチンコ行くの?と言われるよりも「頑張ってね!」とエールを送ってもらえると勇気百倍です!

 

自分自身もイメージ出来ます。パチンコで勝って家族みんなでちょっと高級なレストランでおいしい食事をする風景とか。どうだ!凄いだろう??という奢り高ぶった気持ちではなく、感謝の気持ちを形に現す積み重ねで味方は増えていきます。時々で良いのです。友人知人、家族との時間を大切にする人が負ける訳ありません。

 

大切な人と、楽しい時間を過ごす為、節操ある実践スタイルを構築し続けていく事で皆がハッピーになります。ホールへ行って今すぐ当る台を見つけて連チャンして2~3時間で切り上げるのです。ファッションとは主に服装の事を指しますが元々は行為や所作を意味します。つまりは人間そのものという事です。

 

2~3時間で勝てるの?勝てます。今すぐ当る台選びTSTをマスターしたお客様は公私ともに充実してます。

TST

トップページへ戻る↓
パチンコ情報本気で勝ちに行く