ホールコンピュータ 攻略

ホールコンピュータ攻略 解説=完全ユーザー目線=パチンコ情報本気で勝ちに行く

ホールコンピュータ攻略 解説|2016年最近の挙動

最終更新日2016年12月25日

ホールコンピュータ攻略は大当り台の移り変わりを観察する事から始まります。
大当り台の移り変わりをパチンコ情報本気で勝ちに行くでは時系列判断と言ってます。

ここ数年様々な大当り状況を見ます。

横並び3台ほぼ同時あたり。空き台の稼動が始まった途端周辺が活性化しあっちこっちで大当り投下が始まる。或いは誰かが辞めた途端、隣が大当りする等の現象があり、応用力が問われる状況も多々あります。いつもと異なる時系列を判断しなければなりません。

ホルコン攻略と称して枝葉的な判断方法が色んな所で開示され、高額で販売されたりしてます。

ホルコン攻略の基本を身につけておけば、応用はすぐに出来るので御心配なく。

パチンコ情報本気で勝ちに行くの本ページ、ホールコンピュータ攻略 解説で開示してる情報は全て無料で徹底して基本を開示解説してます。

まずはここで読んだ事をホールで照らし合わせて下さい。
最初に観察、次に状況の把握、そして台のチョイス、最後に打ち出し開始。
この流れで御活用頂いたその結果、皆様が大勝利される事を願ってます。

重要なお知らせ

パチンコ業界の大変革に伴い、ホールコンピュータ(ホールマネージャーシステム)も大きく変わりました。

これに付随し台選び方法も新しい解釈で実行するのが何より大事です。解釈は変われど基本あってのパチンコです。

しかし旧式の台選び方法は精度が低いのが現状です本気で勝ちに行くでは今すぐ当たる台、連チャンする台の判別に拘り

新解釈の台選び方法を公開しました。

詳細は無料メルマガにて配信中です。

  • 突撃!パチンコ攻略クラブ登録フォーム
  • ホールコンピュータ(ホルコン)解説

    ホールでこんな経験ありませんか?

    打っている最中に、何の前触れもなく回転率が悪くなったり、大当りバンバン当てた後まるで引き潮のようにシーンとしてしまい 「あれ?おかしいな~」と・・・。

    ホールは、ホールコンピュータ(通称ホルコン)によって管理運営され、表向きは売り上げを把握するために、「客数」や「稼働率」、「出玉率」などををチェックしています。

    しかし、その実態は台裏の配線から事務所と直結して、「大当り」や「外れ」を常に自動で制御しているのです。(高確率・低確率)

    2007年4月23日のニュース
    横浜のホールにて遠隔操作がバレて捜査が入りました。店長は「サクラやハマっているお客様を対象に出していた」と言っていました。
    サクラの存在も明らかになりました。ご興味のある方は下記「衝撃の動画」を御覧下さい。

    ホールコンピュータ攻略 解説|ホルコンは何でもできる!?

    不特定多数に対して管理を行うのは出玉管理、売り上げ管理・・・コチラは白
    特定の台や個人に対して行うのは遠隔操作・・・黒

    大まかにいうとこんな所でしょうか?

    ホールコンピュータ(ホルコン)設置の目的は出玉の管理・・・売り上げ管理です。
    店全体を管理するために認められたコンピュータです。
    不特定多数を対象に売り上げ管理の名目上コンピュータを操作します。

    このままホールの思うまま、
    大当りをする事などできないのでしょうか?

    ホールコンピュータ(ホルコン)の特性を利用して、自分に有利に働くように自分で動けばいいのです。ホールコンピュータとうまく付き合っていくのです。

    ホールコンピュータ 攻略

    ホールコンピュータ(ホルコン)がどのようにホールを管理しているかを しっかりと把握し、ホールコンピュータに左右されないパチンコを楽む為に
    ホルコン攻略の基礎と実践をお話させて頂きます。

    また、ボーダー理論、当たりやすい回転数、波理論等の他力本願型の実践では絶対に勝てません。これで誰もが勝てればパチンコホールはバタバタと倒産してます。

    現実を客観的に観察する習慣をつけます。まずは、ホール内を軽く1周してみましょう。

    新解釈の当たる台選びT・S・T

    T・S・Tとは、Time Series Transition.時系列遷移の頭文字をとりました。

    ホール全体は一つのシマ。今すぐ当たる台を選ぶには、考えすぎてもダメ、適当でもダメ、中途半端は尚ダメ。

    グループ、ユニット、ペア、シーソー色んな用語を学んでも、紐付けされてる系列台判別構成を理解する事が根本です。

    しかし、判断できたのに当たらないのはなぜ?該当する〇〇が無いからです。

    該当する〇〇とは一体??〇〇の定義を知るとグループ、ユニット、ペア、シーソーの定義等関係なく当たる台が判断できます

    私と、盟友である仕事人1さん、仕事人2さんの3名で検証してきました。動画は仕事人1さんの実戦動画です。

    次のページホールコンピュータ攻略実践編でご利用されたお客様のご報告をもとに概要解説させて頂いてます。

    ホールコンピュータ(ホルコン)のシステム

    ホールコンピュータ設置の目的は打ち込まれた玉と出玉の管理、突き詰める所、売上管理です。

    店全体を管理するために認められたコンピュータシステムであり、不特定多数を対象に売り上げ管理の名目上操作します。

    遠隔操作は
    特定のお客様、特定の台1台に大当りを引かせる行為で、違法行為になります。

    最近は衝撃動画のような事を行っているホールは殆どありません。見つかると営業停止、最悪廃業命令が出ます。危険を冒してまで違法行為を行う事は考えられません。

    ホールコンピュータは投資された玉数、放出玉数から全てのデータを算出します。1日の売上目標利益目標に沿ってその時の稼働率をベースに大当り回数(出玉数)を調整しています。

    ここで主導権はホールにある事を改めて認識しておきます。

    ホルコン攻略 出玉調整

    ホールコンピュータはどのようなシステムで、大当り回数を調整しているのでしょうか?

    ホールコンピュータはそれぞれの大当りの管理をする時、ランダムに適当に個別で大当り信号を送ると言うわけではありません。

    ある一定のシマごと、その中でグループごとに大当り信号をまとめて投下しているのです。

    一体どう言ったグループ分けをしているのでしょうか?

    大きく分けると2つです。

    台の末尾番号縦列セット関係です。

    これよりホールコンピュータ攻略実践編に入ります。御活用下さい。

    次のページから図解入りで解説させて頂きます。下記の画像をクリックしてお進み下さい。

    ホールコンピュータ攻略 解説実践編

    Googleスポンサードサーチ

    トップページへ戻る↓
    パチンコ情報本気で勝ちに行く