TST実戦応用 12・遷移について

総仕上げその2

TST発見したらまずは打ってみて下さい。必ず当ります。

ここでは、とある日の立ち回りをもとに解説してます。

候補台が時々ひとシマに複数存在します。その時の実戦です。

全部大当りしました。

ここで微調整が必要になります

それは時間読みです

シマ内での遷移に注目し時間を合わせます。たったのこれだけです。

実戦動画

1台目はワンセット(確変+単発)で終了。

2台目爆連(3連+11連)

こういう結果が多くなります。

時間読みは普段から計測しておけば良いので慣れてるホールの方がわかりやすいですね。

初めてのホールではTST台見つけたらまずは打ちます。時間計測しておけば後に役立ちます。投資額は4パチで3千円もあれば充分です。できれば確変ループ機が良いですね。甘デジで試してみるのも良いでしょうし。

現在追加情報が加わり17迄あります。私やお客様の実践内容から新たな発見やちょっとした留意点の積み重なりです。これから参加される場合とても有利です。

今日からプロ

TSTは情報が増えた頃合いを見て、今まで3回程値上げさせて頂きました。ここ最近も情報量が増えてまいりました。そろそろ価格の見直しを検討する時期に差し掛かってます。

TSTトップページへ戻る↓
勝てるパチンコ 今すぐ当る台選びTST


このページを閉じる
閉じる


それでも不安な方へ↓
今の気持ちを教えて下さい